最近、当事務所では抵当権抹消に関するお問い合わせが多くいただいております。

ここでいう抵当権とは、住宅などの不動産を購入するための資金を借り入れる際に付けられるものでして、「もし貸したお金を返せなかったら、不動産を売ったお金で返してね」といった趣旨で付けられます。

晴れて借入金を返し終われば抵当権抹消ができるのですが、借りたときと違って銀行からは抵当権抹消に関する書類を渡されるだけです。その後の手続きは自分で司法書士に頼んでくださいね、といった案内を渡されるところもあります。

借りるときと比べると、返し終わったときはちょっとそっけないですね(笑)

抵当権抹消登記は申請の期限はありませんので、ご自身で調べて申請するのもよいと思います。

しかしながら、この抵当権、「不動産を現金化して借入金を回収する権利」ですので、ご自身で不動産を売りたいような場合には、抹消手続きをしないと基本的に売却できない厄介者です。後々のためにも、忘れないうちに抹消してしまうのがよろしいかと思います。

当事務所では、土日祝日でもご対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

(事前にご予約は必要です。お気軽にお電話またはメールにてご連絡ください)